大人ニキビと思春期ニキビの違い

10代に出来るニキビを思春期ニキビと言います。 この時期の身体は成長ホルモンが分泌されており、この成長ホルモンが皮脂腺を刺激して過剰分泌を引き起こすことで毛穴が詰まりやすくなり、アクネ菌が繁殖しやすい状態になってニキビが出来やすい環境になってしまうのです。 主にTゾーンと言われる部分に出来やすく、ホルモンバランスが整ってくる20代前後になるとこのニキビは自然にできなくなっていきます。

対して成人以降に出来るニキビは大人ニキビに区分されます。 このニキビは原因がひとつに搾れないことが特徴で、主に不規則な生活、睡眠不足、飲酒や喫煙、ストレスや間違ったスキンケア、ホルモンバランスの乱れなどが挙げられます。

特にストレスや不規則な生活からくる肌のターンオーバーの乱れが深く関わっているとも言われています。 ターンオーバーのリズムが乱れると古くなった角質が蓄積し、毛穴が詰まりやすくなりニキビが出来やすくなってしまうのです。 また思春期ニキビと違ってUゾーンと言われる顎やフェイスラインなどに出来やすいのが特徴です。

大人ニキビができる原因

大人ニキビができる原因の多くは日常生活に潜んでいると言われています。 現代人の多くが悩んでいると言われているストレスや睡眠不足によって引きおこるホルモンバランスの乱れや偏った食生活による栄養バランスの乱れが代表的な原因として挙げることが出来ます。

大人ニキビをケアするには大人ニキビ用のコスメを使うようにします。例えば、大人ニキビ用の化粧水などです。 大人ニキビにおすすめの化粧水

思春期ニキビもまたホルモンバランスが乱れることで額から頬に掛けて、所謂Tゾーンと言われる部分に出来やすいと言われていますが、この原因の多くは成長ホルモンが関係しています。 大人ニキビの場合は先に触れた原因で起こる古い角質の蓄積や肌の乾燥、そして肌の代謝が悪くなり詰まった毛穴にアクネ菌が繁殖することでニキビが出来てしまうのです。

思春期ニキビの場合は清潔にしていればよいですが、大人ニキビの場合、様々な場面でケアや対策が必要です。 例えば洗顔の際に何度もごしごし洗ってはいけません。 擦ってしまうことで本来肌に必要な皮脂を奪い、肌の乾燥を引き起こします。 回数も1日2回程度を目安にして、タオルで水分を拭き取る際も軽く肌をあてて拭き取るようにしましょう。 またビタミンやミネラルなどの栄養分を積極的に摂りいれるような食生活を心がけましょう。

大人ニキビのケアにおすすめの化粧品

大人ニキビのケアをする際に使用する化粧品を選ぶポイントとしてまず気を付けておきたいのは洗浄力です。 石油系界面活性剤など洗浄力が強すぎると必要な皮脂まで落としてしまうため、毛穴の汚れだけを取り除けるような肌に優しいものを選びましょう。

洗顔後に行う保湿は肌のバリア機能が高まりますので、保湿性が高いものであることもポイントの一つです。 そして炎症を起こしているニキビにもしっかり有効成分を染み込ませるために工夫している化粧品を選ぶようにしましょう。

これらの条件を満たしている商品としてまず挙げておきたいのはノブACアクティブです。 臨床皮膚医学に基づいて医師と共同開発したもので、敏感肌の人も使用できることが特徴です。 皮膚科医も推進しており、ニキビだけでなくニキビ跡のケアだけでなく美白効果も期待できます。

次に挙げられるのがビーグレンです。 浸透しにくいビタミンCえお世界特許技術を使うことで浸透力が高いことが特徴でです。 ニキビ跡や色素沈着までしっかりケアしてくれる商品です。

そしてルナメアACもニキビケアに適しています。 独自技術により開発された新成分が有効成分を肌に浸透させ、ニキビや肌荒れをケアしてくれます。

肌の乾燥や女性ホルモンの変化により吹き出物ができたりします。ですからニキビ対策には保湿が大切になります。大人ニキビ用の化粧品や化粧水で自分にあった保湿対策をしてみてください。

ニキビは放っておくと、どんどん酷くなってしまうことがあります。最初は白いポッツとしたものでも、赤いニキビ跡になったり、膿がたまって黄色くなってしまうと大変です。できるだけ酷くなる前にケアするのが大切です。そして再びニキビが出来ないように根本的な肌ケアを行いましょう。

肌の悩みの多くはニキビの悩みです。特におとなになってからのニキビは、ケアの方法が難しいですね。そこで大人ニキビを治す方法|おすすめスキンケア化粧品で紹介されているケアアイテムを使ってみました。色々と試してみましたが、女性ホルモンに良いものと、ビタミンCが良いみたいですね。

更新履歴