大人ニキビと思春期ニキビの違いとは?

10代に出来るニキビを思春期ニキビと言います。
この時期の身体は成長ホルモンが分泌されており、この成長ホルモンが皮脂腺を刺激して過剰分泌を引き起こすことで毛穴が詰まりやすくなり、アクネ菌が繁殖しやすい状態になってニキビが出来やすい環境になってしまうのです。
主にTゾーンと言われる部分に出来やすく、ホルモンバランスが整ってくる20代前後になるとこのニキビは自然にできなくなっていきます。
対して成人以降に出来るニキビは大人ニキビに区分されます。
このニキビは原因がひとつに搾れないことが特徴で、主に不規則な生活、睡眠不足、飲酒や喫煙、ストレスや間違ったスキンケア、ホルモンバランスの乱れなどが挙げられます。
特にストレスや不規則な生活からくる肌のターンオーバーの乱れが深く関わっているとも言われています。
ターンオーバーのリズムが乱れると古くなった角質が蓄積し、毛穴が詰まりやすくなりニキビが出来やすくなってしまうのです。
また思春期ニキビと違ってUゾーンと言われる顎やフェイスラインなどに出来やすいのが特徴です。